www.isss57.com

-

-

一概に乾燥肌といっても、全身、顔だけ、体の一部など様々だと思います。 私は顔も体も乾燥肌です。若い頃「乾燥肌とはいっても若いし気のせい」くらいに思っていた時、鏡を見たら乾燥で顔に血が滲んでいるのを発見して以来、乾燥肌です。 近頃は年齢のせいもありますが、特に顔はここ数年の厳しい気象のせいか1年中乾燥しています。 インターネットで、ニベアの青缶が顔にも良いと読んで以来、昨年くらいから愛用していますがまずまず良い感じで、自覚よりも人からほめられることが増えました。 ただ、乾燥が進んでいるとどんなものを塗っても乾燥がおさまるまで時間がかかります。 そのため、水分を与えた後に時間をおかずに油分でふたをすることが必要です。 それは当たり前といえば当たり前ですが、洗顔や化粧水を塗った時などは実践できていても、湯上りは意外と放置しがちです。 しかし、顔や体に水がついているときというのは潤っていると同時に、水が乾く時に余計に水分が奪われる危険性もあります。 かといって体にクリームを塗ってから顔の基礎化粧を終わらせて…としていたら、寒い冬は湯冷めしてしまいます。 そこで最近は、全身に使える保湿ローションを体と顔の水気を軽くとったあとすぐに塗ってしまうことで乾燥をふせいでいます。その後着替えやドライヤーを済まし、その後、ちゃんと顔のお手入れをすませれば、潤った肌を長く維持できますし、乾燥して痛んだ箇所の修復もはやまります。

Copyright © 2000 www.isss57.com All Rights Reserved.